フロムダイムの作業。

ポスターを作るにも、チラシを作るにも、ウェブサイトを作るにも、その先には決まって、広告の効果と喜んでもらいたいお客様がいます。

例えば、イベントチラシをデザインするとき

まずは、漠然と全体のイメージを考えます

ターゲットや訴求内容に沿ったイメージ、どんな配布方法か、このチラシでどういった営業活動をするのかなどを踏まえ、とにかく考えます。そして、この作業に相当時間を割きます。

次は、メインビジュアルを決めます。もしくは撮影します。

クライアントから支給いただいた写真がある場合は、吟味します。色をイメージに合うように補正したり、切れている部分を継ぎ足しで合成したり、それでも使えそうにない場合は、他の方法を色々考えます

次にメインコピーを考えます

手にしたときに、納得と驚きを与えるコピーを探します。メインビジュアルに沿ったコピーをいろいろ模索します。

それから、、文字の大きさ、行間、余白を考えます
若者向けの広告なのか、年配者向けの広告なのかで、大きく変わってくるからです。単純に、年配の人に訴えかけたいチラシでは、当然、文字を大きくする方が読みやすいからです。

それは、「年配者を、炭酸ジュースで、もてなしてはいけない」というのに似ています。

色も考えます

色は、大変重要で、そのチラシの大きなイメージを決定する要素です。最近は、老若男女問わず、多種多様な好みが存在します。その中で、業種や訴える内容、目を引く差し色等、いろんな視点で考えます

配置も考えます

タイトルの位置や、イベント日時、目の動きを考えながら、そーっとレイアウトしていきます。

ほぼ完成かな、と思ったら、もう一度、全体のバランスを確認します。

訴求内容に沿っているか?

配色は嫌みがないか?おとなしすぎないか?

読みづらくないか?

タイトルは目立っているか?

色々確認して

 

 

 

大半はボツにします。

そして、最初からまた考えます

フロムダイムはこの作業を繰り返して、デザインしています。

なので、フロムダイムには世に出た広告の3倍ほど、日の目を見ない作品がストックされています。

それは、ポスターもウェブサイトも企業ロゴマークも同じです。

お客様満足と、広告効果。

それを作り出すのがこの作業の醍醐味です。